NEW POST

クルーズの食事


c0344988_19521364.jpg
旅を楽しむための食事の重要度、私自身は、少し高めだと思います。
といっても、衛生的で、ふつうに美味しいと感じるものを少しずついただくことができれば幸せ、という程度です。
娘もその土地の食を味わう楽しさを、大切にしているようでした。

セレブリティ・リフレクションの中には、有料のレストランもいくつかありましたが、私たちは利用しませんでした。

海が見えるバイキング・ビュッフェ形式のレストランでは、3食、おやつ、夜食まで提供されています。

c0344988_21432841.jpg

c0344988_21500381.jpg
ピザ、パスタも。チーズの種類が多いのもうれしいことでした。
c0344988_21511502.jpg
お昼に日本の巻きずしがふるまわれた日も。
箸を使い、醤油をかけていただきました。
残念ながら、ごはんがしっかり目のアルデンテ(・・;)
c0344988_21512695.jpg
プールサイドカフェのヘルシーランチ。
c0344988_21582253.jpg
別の階にあるレストランで、落ち着いた雰囲気の夕食を楽しむこともできます。
クルーズ中、明るく楽しい青年が、テーブル係を務め、給仕してくれました。
全体的に料理の量が多いのと、メニューが限られているため、3回しか利用しませんでしたが。
ロンドンから来られていた素敵なカップル(おふたりとも40代半ばぐらいでしょうか)とテーブルが隣で、親しくお話しができたこと、いい思い出になりました。
c0344988_22123642.jpg

旅行中は、観光した先でレストランに入ることになるため、歩きやすいカジュアルな服装をしています。
2人そろっておしゃれして食事したのは、結局ここだけでした。

c0344988_21505469.jpg
フローズンヨーグルト☆デザート、おやつによくいただきました。
c0344988_21495138.jpg
食事の時もおやつの時も、セルフサービスのドリンクバーで、カモミールティーをいれていました。
おかげで、胃腸の調子も良かったです(*^^*)


by mariafrancisca1 | 2017-01-14 06:00 | 地中海・エーゲ海クルーズ旅行

今日も生き生きと過ごせますように


by mariafran